視覚効果で美意識が高まる

取り返しがきかない

女性

憧れの小さな顔を整形で手に入れた後、技術力や何らかの理由から、整えた部位の修正を行うなどのトラブルが囁かれるのも、リスクの高い小顔整形術ならではです。クリニック選びも重要となり、例えば、骨削りなどのメスを用いるフェイスリフトなどに関して、適応性や効果だけではなく、ダウンタイムや予算までを検討し、リスクの低い術式を提案する整形外科を選択することは重要視したい点です。顔の整形においては、骨格や筋肉、脂肪などの構造を分析することが必要となり、1人1人の顔の構造によってアレンジする内容での提供がポイントとなります。例えば、顔の大きさに悩む場合、脂肪によって顔太りしているだけではなく、むくみや筋肉の張りなど、実に様々な理由から輪郭が大きく見えています。脂肪と一口に言っても、厚みや付き方なども千差万別であり、それぞれの顔に合ったアレンジ整形である必要が挙げられるため、シミュレーションによる整形後の変化をチェックすることは、取り返しのきかない顔ならではの注意点と言えます。

シミュレーションの利点

美容整形が一般的に周知・認知されるようになり、下部顔面のフェイスラインを変える小顔術が人気を集めています。輪郭を小さくするためには、その施術や使用する薬剤が適応するか否か、シミュレーションが必要となり、この一工夫によって、顔の印象を様変わりさせられます。ただ単に小さな顔立ちに仕上げる方法では、顔の他のパーツとのバランスが悪くなるケースもあり、事前に全体のイメージをシミュレーションすることが大切で、このことによって、希望に沿っているかの判断できます。例えば、近年主流となるのがプチ整形ですが、輪郭にのみ着目するのではなく、目を大きく見せるデカ目術を用いる視覚的小顔整形で、ナチュラルに全体をシャープに見せることも可能です。顔のパーツを中央に集めることや、コメカミのオウトツを埋める施術を施す工夫次第で、顎ラインがすっきりした卵型の輪郭が作り出せ、自然と小顔に見える魅力が挙げられています。小さな顔を手にできるだけではなく、鼻が高くなったり、二重まぶたを手に入れるなどの美意識が高まる効果までが期待できる内容です。