輪郭をすっきりさせる

リスクを伴わない

美容整形

これまでの小顔整形術として主流となっていたのが、骨削りや脂肪吸引による方法で、整形クリニックでの選択肢は極めて少なく、さらにリスクも高い傾向にありました。現在でも、施術法の1つとして各クリニックにて提案されているものの、合併症をはじめ、下顎のラインがガタガタする仕上がりなど、修正するにも困難となる症例や事例なども報告されているため、可能な限り、取り返しができる代替方法を提案する動きが業界では取り組みとして進められています。例えば、小顔整形を希望する方に適応する施術が、メスを使用するフェイスリフト術のみであった場合、メスを不要とし、リフトアップ同等となるタルミを解消できる施術を提案する流れです。技術面の改良や微調整できる術式を採用することによって、リスクの少ない小顔整形を可能とする施術が展開されていく見通しが早くも検討されています。もちろん、リスクが少ないだけではなく、入院を不要とする手軽さや手頃な料金による施術で、美容目的の女性をサポートできる考えです。

再施術までの期間

小顔効果を得るためには、顔の輪郭や構造までを意識する必要があり、骨格や関節、筋肉や皮下脂肪、表情を左右する線維組織などで構成されているのが特徴となります。顔の形も卵型やひし形、面長や下膨れなど個人差があり、さらに体重の増減や年齢を重ねることによっても顔には変化が現れます。もちろん、顔の右と左でも歪みや脂肪の付き方に差が生じているため、小顔整形では歪みや下顎の関節、筋肉や脂肪の付き方から判断したオーダーメイドでの施術が展開されています。希望通りとなる結果に満足するためには、術後に予測されるデザイン性よりも、微調整可能な施術であるのか、その点が重要となります。特に小顔整形では、脂肪吸引による施術も提供されていますが、再施術の場合には一般的に3ヶ月以上の期間が経過することによって微調整が可能となります。傷跡のリスクやオウトツ、しこりなどのリスクも適切な時期を見極めることで回避することができ、リスクレスの微調整によって、持続的に小顔効果を得ることができます。